CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鬼灯の冷徹

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 親子ではまってます。

 主人公は日本の地獄を治めるエンマ大王の右腕、鬼神鬼灯。

 めっちゃ楽しい内容で、アニメまで見てしまった。

 日本の地獄で働く、獄卒の日常をコミカルに描いた秀作ですよぉ。

 たまに、エジプトやEUの地獄からもお客様が来ます。

 おちゃめなサタン様は特にアニメで見ると、その魅力が全開です。

 

| [書評]マンガ | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぼくはアスペルガー症候群

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:大人のアスペルガー

 

 いろいろと、blogや書籍を読み漁ってますが、ええ。

 大人になってからアスペと診断された人たちご本人が書かれた記事や、書籍を読んで考えるのよ。

 彼らは、連れ合いや自分自身で気が付いて幸いだったと。

 それだけではなく、自分だけでなく家族もきちんと受けとめて、受け入れて、それができない私は羨ましいです。

 義家族はバカなので、発達障害ではなく頭がおかしくなったと後先考えず精神病院へ姑を入院させようとした。

 そこの医者も聞き取りも満足にせず、勝手に「精神分裂病」と診断して、酷いもんだ。

 既に家族との信頼関係を崩していた姑は、入院と治療を拒み、結果家を追い出された。

 既に還暦を過ぎた舅の頭には「発達障害」何て単語は無いんだろう。そんなのひっくるめてすべて「キチ○○」なのだ。

 今年高2になる娘を育てている義妹は、自分が子育てする上で「発達障害」の文字は少なくとも目にしたはず。

 が、義妹は輪をかけてバカなので、いくら社会で「アスペ」や「発達障害」が話題になっても、わが身に置き換えて考えることがない。異次元家族の視野は極端に狭いのだから、仕方ないかもしれない。

 ようやく、家に来て診察を受け、薬を処方してもらったが、担当医がはっきりと病気と診断しないから「病気じゃないのに、医者に行く意味が分からん。薬を飲む意味も分からん」と、こちらも拒否してしまった。

 

 この本の作者は40を過ぎて自分の障害に気が付き、病院へ行った。

 ここがすごい。それは、自分が人と関わるのにどうしてトラブるのか、上手く接せないのか、常々悩んでいたからに他ならない。うつ病を併発したり、自律神経を病んだり。自分と他人とのズレに悩みながら生きてきた。

 自分は何事も人並みにこなすのに、他の人の何倍もかかると書かれているが、彼は自分が評価する以上に頭が良い。

 冷静に自分を分析し、次につなげる努力を惜しまない。本に書かれている通り、何度も失敗を繰り返し、ゆっくり成長している。

 ここで紹介される対応を、各職場で行えたら、きっと発達障害者が今以上に働きやすい職場になるはずだ。障害の程度にもよるが、一方的な偏った見方から少しは違った見方、対応が取れるのではないだろうか。

 異質なものは怖ろしい。関わりたくない。それは人の自然な反応だが、本人が発達障害を自覚し信頼できる上司なり同僚なりに打ち明けていれば、変人扱いも少しは違ってくるんじゃないかなぁ。

 やらかした時、フォローできるし、忠告が伝わるからね。

 

 自覚がないと、忠告も注意も理解してもらえないから。自分の世界のマイルールで生きている彼ら。それを他人に指摘されても何が悪いのかなんて、分かりっこないよね。

 

 家庭においても、曖昧表現を避け、具体的に。空気は全く読めないので、そこはこちらが配慮し、何かしてもらう時、お願いする時は具体的に、良い事とダメな事、やっちゃいけない事を伝えようと思ったよ。

| - | 08:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
レース編みはじめました
JUGEMテーマ:手編の本

 夏なのでレース編み。
 コースターとかカーテンタッセルとか。
 applemints発行の編み物本はセンスが良くて見つけると買ってしまう。
 デザインもだが、掲載する写真と作品チョイスが好みなのかも。
 作品は良いのに編集が写真が・・・ひどい、これじゃ作家さんが可哀そう、と思える本も多い中、紹介作品も写真もここの本はお勧めです。
 
 あ、DAISOのレース糸が意外と編みやすくてびっくり。コスパもいいので、良い色見つけたら買いだね。
 seriaのコットンは毛糸ぴえろでお馴染みごしょう産業さん。これにはおどろいた。
 百均好きだけど手芸糸はバカにしてたので、全くアウトオブ眼中だった私。現在猛省中。何てもったいない事してたんだっ><
 エミーグランデタイプの柔らかい20番手レースらDAISOのレースで充分代役可能です。むしろ出番です。
 
| [日記]編み物 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
おにのそうし
JUGEMテーマ:書評

 帰省中に久しぶりに読書。
 今回はじいさまが手術の為入院。そこの大学病院内のコンビニで購入。

 さて「おにのそうし」。
 知った話もあったが、獏さんとこのタイトルとくれば買わない手は無いでしょう。
 久しぶりに読むとあって、意外と新鮮に読めた。

 「奇譚草紙」の改題? 出版社が違うだけ?
 だとしたらまんまと買わされてしまった。
 時間つぶしに買った私には、うってつけの本でしたけども。
 そうでない方は、気を付けてね。

 
| [書評]時代物 | 10:39 | comments(1) | trackbacks(0) |
モラ夫、呆れて顎外れる?
JUGEMテーマ:笑う不登校
JUGEMテーマ:いじめ

約束の月曜、私は予約した医療センターへハゲ治療に行きました。
モラ夫さん、ムスメ連れて学校へ行きました。

私の方は、脱毛が全身に出る症例を系列の大学病院でも扱った事が無いので都内の大学病院を紹介された。
『点滴静注ステロイドパルス療法』で有名な所だったんだけども。これ、後遺症が怖いのね。一旦出ると治りにくいと言うか、ちょっとググると「止めとけ」とか「お勧めできない」とか言われてます。
で、自分で調べて良さげな大学病院を結局元々係りつけの皮膚科で伝えた所「そこの皮膚科は良いんだよ!」と早速紹介状を書いて下さった。ありがとう先生^^。

さて、頑張ったモラ夫さんのお話し。

学校側は教頭と担任で応対だったそうな。
モラ夫さんは携帯の録音スイッチを入れ、私とムスメから仕入れたネタを使って担任に猛口撃したそうだ。
そこでわかった事。
やりましたって何をしたの?」で発言した内容を事もあろうか、担任覚えて無かったそうで。
校外学習までには結果を出すとか何とか言っておきながら、連絡するとまで言ったくせにな。
モラ夫さん、開いた口がふさがらず顎が外れたかと思ったってっさ。
その他の事も含め、やはりこの先生は責任感が無いとモラ夫さん判断したようで、テーブルを一つ両手で叩き、
「あたなにはムスメを預けられません!」と一言。
うん、モラ夫それ正しい。
その後は教頭とお話を進め、担任はガン無視した模様・・・・・・

しかしこの担任、一体何しに家に来たんだろう。
親を丸め込めば丸く収まるとでも思ったのか。
親の怒りをやり過ごせば後は何とかなると思ったのか。
はたまた、早く終わらないかな〜イラッ、とか思いながら私の話しを聞き流したのか。 全くこの担任、ダメ教師として回りから後ろ指さされながら定年まで勤めたらいいわ。 税金もったいないけど、退職して「面倒な児童と保護者に当ったせいで」なんて言われたくないしな。
定年まで、指導不足の苦情を言われ続ければいい。
でも、余に酷いと再教育で結果退職ってなるそうだけどね。
それより何より、この担任に当った子供が悲劇なので、ここはやはり退職してもらうのがベストなんでしょうね。
| [日記]あ・軽い不登校 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
がんばれモラ夫!
JUGEMテーマ:笑う不登校
JUGEMテーマ:いじめ

徐々に話が今に追いついてきましたよっと。

ムスメが登校拒否をしている事を暫くモラ夫には隠していた。
だってこいつに話したところで「学校を休むなんて言語道断。絶対ダメ。お先真っ暗。進学できない。人生終わり」って非難するだけだもん。
いい加減心が痛んでるムスメにこれ以上厭な思いはさせられません、と言う事で内緒でした。
でも学校を休んではいるがしっかり勉強はさせていた。休んでも学力が上がっていれば十分戦える事実を身をもって知っているので、そこは手を抜かない。
ところで、モラ夫は人の心を察する能力が皆無だ。
現状を知らないモラ夫はムスメの勉強が足りないとか、弱点の漢字の覚え方が下手だとか、もう十分傷ついているムスメの地雷を思いっきり踏みまくるのだ。特にこの日は冗談にしても酷かった。
遂にブチ切れたムスメが「もう言ってもいいでしょう」と、耐えきれず登校拒否していることをモラ夫に打ち明けた。

予想通りの対応をモラ夫さんありがとう。
「ほうら、やっぱり。ママの言う通りだ。パパに言うんじゃなかった」とムスメ号泣じゃないの。
とにかく落ち着かせ、何とか寝せたんだけど。
その後、興奮状態のモラ夫さんに事情を説明したら、簡単に納得してくれました。
ま、それだけの材料が揃ってたんでね。担任の対応だけで十分モラ夫さん納得したよ。
納得したら今度は怒りが治まりません。
モラ夫的には何とか学校に通わせたい思いがあるからね、そこは譲れないんでしょう。
それは私も読んでたので、モラ夫に頑張ってもらうことにしましたっ。
煽ったらモラ夫さん、怒りに火が点いてとうとう月曜に半休取って学校へ直談判に行くことになりました〜♪
がんばれ、モラ夫!
おれ月曜日は頭の治療で医療センターに行かなきゃならないんで、お願いします。
| [日記]あ・軽い不登校 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
もう学校なんて行かなくていいよ
JUGEMテーマ:笑う不登校
JUGEMテーマ:いじめ
JUGEMテーマ:小学生ライフ(・ω・*)ノ

だらだら長文になったので、話を割ってお送りしてます。

不登校になったムスメだが。
肺炎で欠席していたので、暫く病欠扱いだった。
書き忘れてたが、ムスメが前の席の子に意地悪されたのは朝の会の時。登校して直ぐだ。
その後、授業中でもお構いなしで度々嫌味をワザワザ後ろ向いて言われ、机まで乗っ取られ、嫌で嫌でお腹が痛くなった。←この間担任は何してたの?
1時限目で腹痛が耐えられなくなり、保健室へ。養護教諭の判断で私が学校へ迎えに行くことになった。
病欠後はわずか2時限耐えられなかったのだ。
家に連れ帰り痛みが治まった頃事情を聞くと、「もう学校行かなくていい?」とムスメが言ったのだ。

このいじめた子だが、実は1年の時同じクラスだった。
普通に服を着て登校したはずのムスメが何故か体操服で帰ってきたことがあり、びっくりした事があった。
事情を聞いたら、背中に水をかけられたという。
1年生は朝顔を入学したら育てるので、毎日昼休みに自分の鉢に水をやる。
やり方はペットボトルに水を汲み、口に器具をつけて鉢に備え付けの穴に刺すのだがこの時ムスメが誤って隣の子の腕に水をかけてしまった。直ぐに謝ったという。
その後しゃがんで朝顔の観察をしていたムスメの背中に水がかかったらしい。
当時はまだ意地悪とか仕返しとかと縁の無かったムスメ。それでも、たぶん腕に水をかけられたから自分は背中に水をかけられたのだろうと言っていた。わざとやったのが分かっていたのだ。
夕方、「クラスのこがバケツの水を誤ってムスメの背中にこぼした」とお詫びの電話が担任からかかってきた。
この水をかけた子が、意地悪言ってきた子だ。
仮に名前をWSとしよう。
学校側の隠ぺい体質は置いておいてだ。
この意地悪なWSについて許せない事。
この問題児は1年の時から嫌われていた。ムスメにしたように、誰でも自分に何かしたら2倍どころか10倍にして仕返しするからだ。
5年でまた同じクラスになった。その間交流無いからWSの事は忘れていた。
が、やっぱりクラス中で嫌われていた。
前記事「ほかの子を見下す子」」に出てくるRちゃんとMちゃんは特に嫌っていて、WSが触るものなら消毒していたほど。
この二人とムスメは交換日記をしていたが、WSの悪口ばかり競うように二人が書くので結局止めたのだが。
でも私が人の陰口は言わないと言い続けてるので、一緒に悪口を書かなかったし、この二人と別れてからは普通にWSと接していた。特に嫌わなかったし、ほかの子が無視しても話もしていたのだ。

話は飛んで、クラス内の事情を少し。
修学旅行以来前述クラスリーダーKKと仲の良い女子グループとWSが仲良くなった。むろん、グループ関係なく話をするムスメとも仲は良かった。WSは時には意地悪をしてくる男子に対し庇ってくれたり、仕返ししてくれたりと良い関係だったという。
意地悪な子はわざとしてるのだから仲良くなると意地悪は止めるよ。逆に今度は守ってくれるよ、と私はムスメに言っていた。
なので仲良くなれてホッとしていた。
また、グループ同士の表立った争いは無いものの、あっちのグループこっちのグループと渡り歩くと「どっち選ぶの」と詰め寄られることはあったらしい。そういったグループ間の問題や恋愛問題など何故かムスメのところに持ち込まれ、5年の時から無所属のムスメは相談係になっていた。なので実はムスメは内情に非常に詳しかったのだ。びっくりポンや。

さて、話を戻してWS。
後期になり、KKがクラス委員になった。KKはWSをもともと嫌っていたが仲の良い女子(KK片思い中)とWSが仲良くなった。そこで一案を思いついた。
KKは突然「WSは意外と良い奴だぜ」と言い始めたという。
もともと嫌われていたWS。いつも体育の時とかグループに分ける時最後まで残っていたWS。担任もそれを知っているので二人組の時はあぶれる前に(クラスは奇数なので)先生が一緒にやりましょうと呼ぶくらい担任も持て余していたWS。なので、その子を取り込めば自分の株も上がると踏んだのだろう。
それ以降、WSは表立って嫌われなくなった。無視もされなくなった。
この対応の結果に文句は無い。KKの事情はともあれ、担任は喜んだろう。
問題はこれを勘違いしたWSだ。
長期欠席したムスメが多分KKのターゲットになり「休んでずるい」と噂になってたんだろう。いつも正論を言ういい子ぶった厭な奴と言われてるのかもしれない。なのでWSはいじめても公認だと思ったのかもしれない。
理由は分からないが、出席したその日待ってましたとばかりに意地悪を言ってきた。
ムスメはWSに対して悪口も言わなかったし、無視なんてしていない。一時は仲良かったのに。
不思議に思い、ムスメに聞いたら「Sちゃんは、いくら優しくしても親切にしても、自分が厭ならその子を無視するよ。とにかく自分が一番で、自分が基準なの」だそうだ。
自分がクラスで孤立してた時、特に辛くもなかったしムスメが仲良くしてきても嬉しくもなかったのだろう。
クラスに嫌われてるんじゃなくて「私が嫌っている」といつも言ってたそうだ。
だからムスメが孤立しようが悪口言われようが、何も感じないんだろう。自分の代わりができて喜んでるのかもしれない。
とにかくこのクラスは悪い事を悪い、間違ってる事を間違っている、というのは良い子ぶった厭な奴、正しい事は悪だから。
| [日記]あ・軽い不登校 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/43PAGES | >>